賃貸物件、自分が大家ならこうするのにと思う事

New Topics
賃貸物件、自分が大家ならこうするのにと思う事

38歳男性の話「賃貸物件を借りて住んでいると」

賃貸物件を借りて住んでいると、細かいことに気がつくようになって、大家さんとして賃貸物件を管理しているならばこうするのに、と思うことが自然に出てきます。
勿論、実際の大家さんになるには、住んでいる人にとっての住みやすさなどだけではなく、賃貸事業の採算性も考えていく必要があるので、なかなか現実には大家としてやっていく時に、対応できるか難しいことはあるでしょう。
ですから、純粋に住んでいる人からみて、こうしたらより集客ができるのではと想像したことがあります。それは、プライバシー性が高い、ミラーレースのカーテンをあらかじめつけておくことです。
大抵の物件では、ガラス窓のところにカーテンレールは付いているものの、カーテンが付いていないという場合が多いとされます。カーテンが付いていなければ、自分で付ければいいわけですが、住み始めた時から付いていないと、ガラス越しに中が丸見えになるので具合がよくないのです。

あらかじめ、入居時からプライバシーが確保されるので、新品のミラーレースカーテンが付いていると宣伝すれば、集客力はかなり上がるだろうと見込めます。

Copyright (C)2017賃貸物件、自分が大家ならこうするのにと思う事.All rights reserved.