賃貸物件、自分が大家ならこうするのにと思う事

New Topics
賃貸物件、自分が大家ならこうするのにと思う事

35歳男性の話「賃貸物件を借りてよくトラブルになるのは」

賃貸物件を借りてよくトラブルになるのは、一定期間住んで次住む場所への引越しが決まり部屋を退去する際に、期待していた敷金が畳の交換やハウスクリーニング代にあてられるからという理由で、戻ってこないというトラブルです。

これは、賃貸物件をいくつか借りた事がある人なら、少なからずこれに似た経験をした事があると思います。礼金は戻ってくるものではないですが、敷金は落ちない汚れやキズをつけてしまった場合に差し引かれるもので、はっきりとした定義は大家さんの基準によるところもあり、これがトラブルを産みます。
基本的にはフローリング、壁紙、エアコンなど通常普通に使っていたのであれば、退去時に綺麗に掃除して退出すれば、敷金はそのまま戻ってくるものと思って良いものです。
定義を曖昧にするので、大家さんと借家人で補償の線引きに相違が生まれ、トラブルに発展してしまうのです。

私が大家をすることになったならば、一番揉める原因でもあるこの敷金の定義について、契約書にしっかりと修理費についての基準を明記します。大家と借家人が、それぞれどの箇所を負担するかが明確になっていれば、トラブルを回避出来るからです。

Copyright (C)2017賃貸物件、自分が大家ならこうするのにと思う事.All rights reserved.